【インプレ'07】木下隆之 スバル『インプレッサ』

試乗記 国産車

【インプレ'07】木下隆之 スバル『インプレッサ』
  • 【インプレ'07】木下隆之 スバル『インプレッサ』
DOHC2リッターターボ仕様の走り味は、これまでボクが抱いていた『WRX』の概念をことごとく覆すものだった。いきなりハッチバックで登場したのも驚きならば、走りのキャラクターも激変したのである。

スポーツ仕様は『STIバージョン』に譲るといっても、WRXだというのに走りそのものにハードな印象はない。足まわりは優しく、ロールも深々と発生する。ハンドリングにもシャープな印象はなく、あえていうならアーバンスポーツといった趣なのだ。少なくとも、250psのターボモデルという響きからはかけ離れている。

もっとも、それがクルマとして劣っているかといえばそうでもない。スパルタン一辺倒の性格を改めただけで、長距離移動を優しくこなすのだ。速さが欲しければSTIを、というワケであろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★★★☆☆


木下隆之| モータージャーナリスト
プロレーシングドライバーにして、大のクルマ好き。全日本GT選手権を始め、海外のレースでも大活躍。一方でカー・オブ・ザ・イヤー選考委員歴は長い。「ジェイズな奴ら」を上梓するなど、作家の肩書きも。
《木下隆之》

編集部おすすめのニュース

特集