ブリヂストン、小径カジュアル電動アシスト自転車を発売

自動車 ニューモデル 新型車

ブリヂストンサイクルは、自転車を使ったアクティブなライフスタイルを好む、20代、30代の都市生活者向けの小径カジュアル電動アシスト自転車『ベガス E.A.』を2008年1月7日から発売すると発表した。

ベガス E.A.は、20サイズの小径タイヤと直進安定性を高めた「ロングホイールベース」のフレーム設計で、おしゃれにゆったりと乗車可能。高いポジションがとれる「デルタハンドル」や、座り心地の良い「ビッグテリーサドル」、幅広の1.95HEの「ファットタイヤ」を採用した。標準のシンプルなフロントキャリアに「ホワイトフラッシュミニバッテリーランプ」を搭載した。アシストスイッチがオフの時でもランプの点灯が可能な「安心バッテリーライト」も装備。

容量3.1Ahの「ニッケル水素バッテリー」を採用した。一回の充電で26kmのアシスト走行が可能。26サイズ並に快適走行が可能なギヤ比設定と専用のアシスト力を設定した。

「パワーモード」搭載のドライブユニットで、小径とは思えない快適なアシストを実現する。

価格は7万9800円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集