BMWグループ第3四半期決算…販売台数、売上高、収益が増加

自動車 ビジネス 企業動向

BMWグループが発表した2007年第3四半期(7 - 9月期)の連結決算は、販売台数、売上高、収益が増加した。ロールスロイス社株の他社株転換債の一時利益を除外しても、BMWグループの税引き前利益は過去最高を記録した前年度を上回る税引き前利益を達成する見込み。

第3四半期のBMWグループ売上高は、販売台数の増加を背景に前年同期比19.2%増の137億7800万ユーロに達した。新車販売台数が同12.8%増の36万4564台と好調だったのが主因だ。

税引き前利益は同6.3%増の7億6500万ユーロとなり、純利益は同77.7%増の8億300万ユーロとなった。

一方、1 - 9月期のBMWグループ売上高は同11.1%増の404億1200万ユーロとなった。期中の新車販売台数は同7.2%増の109万4849台と好調だった。しかし、税引き前利益は、同17.4%減の26億8200ユーロ万となった。ロールスロイス社株の他社転換債の一時利益を除いたグループの税引き前利益は9.4%減。税引き後利益は同2.0%減の21億4300万ユーロだった。

1 - 9月期は、ニューモデルの初期費用や原材料費の高騰、エンジンの開発にかかる多額な研究開発費用、為替レートの悪化などの減益要因の影響を受けた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集