【日産 GT-R 発表】0.2秒で変速可能なデュアルクラッチ・トランスミッション

自動車 ニューモデル 新型車
【日産 GT-R 発表】0.2秒で変速可能なデュアルクラッチ・トランスミッション
  • 【日産 GT-R 発表】0.2秒で変速可能なデュアルクラッチ・トランスミッション
  • 【日産 GT-R 発表】0.2秒で変速可能なデュアルクラッチ・トランスミッション
  • 【日産 GT-R 発表】0.2秒で変速可能なデュアルクラッチ・トランスミッション
  • 【日産 GT-R 発表】0.2秒で変速可能なデュアルクラッチ・トランスミッション
  • 【日産 GT-R 発表】0.2秒で変速可能なデュアルクラッチ・トランスミッション
日産『GT-R』のトランスミッションには2ペダルで操ることができる、GR6型デュアルクラッチトランスミッションが採用されている。このギアボックスはデュアルクラッチの部分はボルグワーナー社製のパーツがGT-R用に加工されて使われているが、トランスミッション内部は日産グループの愛知機械工業などの部品で製作されたものだ。

このトランスミッションは6速で、通常のオートマチック車のような全自動変速を行なってくれる「Aモード」も用意されている。そしてシフトレバーを「M」に入れれば、パドルシフトで変速できる「セミオートマチックモード」となる。日産GT-Rにはこのトランスミッションだけで、MTの設定はない。

日産GT-Rの開発を取りまとめた水野和敏さんは「デュアルクラッチはセットアップスイッチで「Rモード」を選べば、わずか0.2秒でのシフトチェンジが可能です。このスピードをMTで超えることは不可能ですし、エンジンの吹け上がりも早いので、MTではエンジンの全性能を引き出すことが難しいのです。よってMTは考えていません」

「また、通常のATはシフトレバーでのマニュアルモードの変速も可能ですが、GT-Rはサーキットなどで激しい横Gを発生しますので、ステアリングから手を離すと危険なこともあるので、マニュアル変速はパドルシフトだけにしています」という。

確かに、0.2秒で変速が可能で、ダイレクト感のあるVWのDSGと同じシステムのデュアルクラッチならMTの必要性は感じないだろう。さらに、デュアルクラッチトランスミッションには専用のオイルクーラーも用意され、搭載位置を下げるためにドライサンプ方式を採用しているという。これらも今までの国産車では考えられないシステムだ。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集