【三菱 ランエボX 発表】“肉感”“艶やかさ”を表現したブリスターフェンダー

自動車 ニューモデル 新型車

【三菱 ランエボX 発表】“肉感”“艶やかさ”を表現したブリスターフェンダー
  • 【三菱 ランエボX 発表】“肉感”“艶やかさ”を表現したブリスターフェンダー
  • 【三菱 ランエボX 発表】“肉感”“艶やかさ”を表現したブリスターフェンダー
  • 【三菱 ランエボX 発表】“肉感”“艶やかさ”を表現したブリスターフェンダー
  • 【三菱 ランエボX 発表】“肉感”“艶やかさ”を表現したブリスターフェンダー
  • 【三菱 ランエボX 発表】“肉感”“艶やかさ”を表現したブリスターフェンダー
三菱自動車は新型『ランサーエボリューションX』を発表した。これで市販決定か?と思わせた05年東京モーターショーの『CONCEPT X』からフェンダー形状を変えてきている。

デザイン本部デザイン部エキスパートの松延浩昭氏は、「05年の時点で、ランエボXにブリスターフェンダーを採用することは決まっていた。CONCEPT Xでは、全てを見せたくないという狙いがあった。ランエボVIIから継続的に採用しているブリスターフェンダーにすることで、『ギャランフォルティス』とも一見した違いをつけることもできる」と言った。

ヘッドライトが“吊り目”になったことで、ブリスターのラインと繋がり、連続感が出ている。また、そのラインとホイールアーチとの間隔が広くなったことが、先代までの“ギリギリ感”を改善し、視覚的にしっかりして見える様になった。

「このランエボXでは、所有する喜びを付加させたいと思いました。“肉感”“艶やかさ”を表現し、見て触りたくなる造形を目指した」と、松延氏。

感覚の話だけでなく、ランエボXには「勝つためのディメンジョン」にされているという。松延氏は「ラリーを想定して、出来るだけ短い全長にしたいと考えた。ギャランフォルティスより85mm短くなっている」とのこと。かつ、「ギャランフォルティスは比較的“伸びやか”に見せるアプローチをしていた」と、加えた。短くなったバンパーは、ギャランフォルティスとの差別化にも繋がっているが、フロントクォーターから見たときの“踏ん張り”感を助長している。
《》

編集部おすすめのニュース

特集