【東京モーターショー07】ヤマハ、ハイブリッドの試作モデルなど出品

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京モーターショー07】ヤマハ、ハイブリッドの試作モデルなど出品
  • 【東京モーターショー07】ヤマハ、ハイブリッドの試作モデルなど出品
  • 【東京モーターショー07】ヤマハ、ハイブリッドの試作モデルなど出品
  • 【東京モーターショー07】ヤマハ、ハイブリッドの試作モデルなど出品
  • 【東京モーターショー07】ヤマハ、ハイブリッドの試作モデルなど出品
  • 【東京モーターショー07】ヤマハ、ハイブリッドの試作モデルなど出品
  • 【東京モーターショー07】ヤマハ、ハイブリッドの試作モデルなど出品
ヤマハ発動機は、10月27日から開催される「第40回東京モーターショー2007」に「ザ・アート・オブ・エンジニアリング」をブースコンセプトに、参考出品車19台を展示する。

試作車の『テッセラクト』を世界初公開する。水冷Vツインエンジンとモーターによるハイブリッド方式のマルチホイールビークルで、独自のデュアルサイズサスペンションにより、四輪でリーンしながらの旋回を可能とする。その一方で、デュアルアームロックシステムの採用で停車時には車両を保持し自立が可能だ。

また、エンジンとモーターのパラレルハイブリッドモーターサイクルの試作車『ラクシア』も参考出品する。加速時にはエンジンからの出力に加えモーターがアシスト、巡航時にはモーターが発電機に切り替わり、バッテリーに電気を充電する。減速時にも回生ブレーキにより充電を行う。後輪駆動部には超薄型パワーユニットを内蔵し、加速時や押し歩き時にアシストを行うほか、リバースも可能。ヤマハとのコラボレーションによる専用オーディオシステムも搭載する。

さらに、メタノール水溶液を燃料にする燃料電池二輪車の進化モデル『FC-Dii』や、シート、後輪、ハンドル、フットレストが折りたためてコンパクトに収納することが可能なエレクトリックコミューターのボビー、ミニマム・エレクトリックコミュータ『C3』などを参考出品する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集