【東京モーターショー07】スズキ PIXY…まさにトランスフォーマー

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京モーターショー07】スズキ PIXY…まさにトランスフォーマー
  • 【東京モーターショー07】スズキ PIXY…まさにトランスフォーマー
  • 【東京モーターショー07】スズキ PIXY…まさにトランスフォーマー
  • 【東京モーターショー07】スズキ PIXY…まさにトランスフォーマー
  • 【東京モーターショー07】スズキ PIXY…まさにトランスフォーマー
  • 【東京モーターショー07】スズキ PIXY…まさにトランスフォーマー
  • 【東京モーターショー07】スズキ PIXY…まさにトランスフォーマー
  • 【東京モーターショー07】スズキ PIXY…まさにトランスフォーマー
  • 【東京モーターショー07】スズキ PIXY…まさにトランスフォーマー
スズキが東京モーターショー2007に出品するコンセプトモデルの『PIXY』(ピクシー)は、1人乗りの低速移動ツール。人が歩く程度のスピードで動き、人に威圧感を与えない卵型フォルム、しかも外装はやわらかい素材でできている。いうなればトヨタ『i-unit』のスズキ版だ。

メカニズム的には、駆動系はキャパシタを蓄電装置に用いた電気モーター駆動で、操作は直感的に操れるパソコンマウスのようなコントローラー(もちろんバイワイヤ式)を採用している。

注目は『SSC』(スズキ・シェアリング・コーチ)という軽自動車型の移動ユニットに、まるでトランスフォーマーのように合体する(正確には中に納まる)こと。合体することで、PIXYは低速移動ツールではなく自動車として移動可能になり、低速移動から都市間移動までをカバーする、これまでにない概念の移動システムとなるのだ。

PIXYを前後に2台収納することが可能なSSCは、個人所有ではなく共同所有によるカーシェアリングを想定。サイズはジャスト軽自動車で、PIXYとは別の動力源(燃料電池)とモーターを使って走る仕組みになっている。

またPIXYは、SSCだけでなくスポーツカー型の『SSF』やボート型の『SSJ』ともトランスフォームし発展することも考えているという。

2030年頃の、交通インフラの提案だ。
《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

特集