十勝24時間 ドバイ、ニュル規格の車両も参加

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

この14〜16日の連休は、スーパー耐久シリーズ最大のイベントである、『第14回十勝24時間レース』(シリーズ第3戦)が開催だ。場所は、北海道東部の十勝スピードウェイだ(帯広市街から約40km)。なお、中学生以下は入場無料だ。

14日土曜日は公式車検、公開練習、夜間練習とサポートレースが行なわれる。決勝は15日で、ピットウォークとサポートレースのあと、15時から開始だ。ゴールは16日月曜日(海の日)の15時となる。

また、十勝24時間レースは準国際格式の国際レースとして開催されており、今年はヨーロッパから7チームの参加を予定。これらはTP-2クラスに属するのだが、今回からはさらにドバイ24時間レース、ニュルブルクリンク24時間レースと同じレギュレーションの車輛も出場可能になった。

なお、スーパー耐久シリーズの総合ランキングの各クラスの1位は、以下の通り。

●ST-class1
3号車ENDLESS ADVAN Z(影山正美/青木孝行/藤井誠暢):46点
●ST-class2
11号車オーリンズランサーEVO MR(木下隆之/中谷明彦/菊地靖/福山英朗):43点
●ST-class3
113号車カルラレーシング☆ings北海Z(大井貴之/伊橋勲/武居義隆/松田次生):30点
●ST-class4
73号車ホンダインテグラ/DC5(山本すばる/花岡隆弘/山下將司/小林崇志)
※ ドライバーは第3戦だけの特別参戦を加えた今回のエントリーのもの。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集