【マツダ デミオ 新型発表】先代とは異なるユーザーを狙う

自動車 ニューモデル 新型車

【マツダ デミオ 新型発表】先代とは異なるユーザーを狙う
  • 【マツダ デミオ 新型発表】先代とは異なるユーザーを狙う
  • 【マツダ デミオ 新型発表】先代とは異なるユーザーを狙う
  • 【マツダ デミオ 新型発表】先代とは異なるユーザーを狙う
  • 【マツダ デミオ 新型発表】先代とは異なるユーザーを狙う
  • 【マツダ デミオ 新型発表】先代とは異なるユーザーを狙う
初代と先代の『デミオ』は箱型のデザインを採用し、ボディサイズを感じさせない室内空間と巧みなリヤシートアレンジをセールスポイントにしていたが、新型デミオはスポーティなフォルムを優先したデザインに生まれ変わり、リヤシートのアレンジも一般的な分割可倒だけに絞っている。

居住性も先代に比べればタイトになり、今までのデミオのような広々とした雰囲気ではない。このパッケージングの変化には、どのような狙いがあるのか。

新型デミオの開発主査を努めた水野成夫さんは「先代までのデミオは主にヤングファミリーを狙ったパッケージングを採用していましたが、新型では若い女性や団塊世代をメインターゲットとしたため、広さやユーティリティよりも、デザインや扱いやすさを重視しました」

「したがってライバル車種も先代ではホンダ『フィット』や日産『ノート』などのユーティリティワゴンでしたが、新型ではトヨタ『ヴィッツ』や日産『マーチ』などの純粋なコンパクトカーになってくるでしょう。ヴィッツやマーチのマーケットは安定した販売台数を維持していますので、このタイミングで、このパッケージのクルマを導入する意味は大きいと思います」という。

今の時期に先代と同じようなパッケージングでフルモデルチェンジを行なった場合、この秋に発売予定とウワサされている新型フィットと競合する可能性も高い。それならばヴィッツやマーチのマーケットに新型デミオを導入するほうが、クラス内での起爆効果は大きいかもしれない。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集