頭文字D が体感レースになって登場

モータースポーツ/エンタメ ゲーム

セガ・アミューズメントテーマパーク「東京ジョイポリス」は7月に、人気連載中のコミック『頭文字D』の世界を体感できる新アトラクション、『頭文字D ARCADE STAGE 4 LIMITED』を導入する。

「頭文字D ARCADE STAGE 4 LIMITED」は、アーケードゲームとして稼働中の「頭文字D ARCADE STAGE 4」を、初めてアトラクション化したもので、原作に登場する実車に乗り込んでリアルな挙動を体験しながら、ライバル達と競い合う体感レースアトラクション。

原作の世界観にこだわり、細部まで忠実に再現した車体と、本格的なドライビングが体感できる高性能モーションライドを使用。ダイナミックに峠を攻める白熱したバトルを完全シミュレートする。

視界いっぱいに広がる大画面ワイドスクリーンに映し出される迫力ある映像が、より一層の臨場感を高め、プレイヤーの気分を盛り上げるという。

アーケードゲームの体験者から、初めての人にも簡単な操作で楽しめる、エキサイティングなアトラクション。

頭文字D ARCADE STAGE 4 LIMITED
●導入日:2007年7月下旬
●料金:600円/1プレイ(2名の利用でも同額)
●所要時間:約8分
●定員:2名×3台

東京ジョイポリス
●住所:東京都港区台場1-6-1
DECKS Tokyo Beach 3F−5F
《》

編集部おすすめのニュース

特集