休日渋滞ポイントにおける時間帯料金割引 社会実験

自動車 テクノロジー ITS

東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路、国土交通省は、休日渋滞ポイントにおける時間帯料金割引社会実験を6月24日から実施する。交通分散による渋滞低減の効果および影響や、料金収入の変化などについて検証する。

休日に渋滞ポイントを通過する交通を20−22時の時間帯にシフトさせるため、料金割引を行う。割引率は50%となる。

実験を行なう渋滞ポイントは、東名高速道路上り線・大和トンネル付近、中央自動車道上り線・小仏トンネル、関越自動車道上り線・花園IC、中国自動車道上り線宝塚西トンネル付近。

対象車種は、ETCシステムで高速道路を走行する車両。渋滞ポイント前後の対象となる入口IC・出口ICを利用し、入口ICまたは出口ICのいずれかの料金所を日曜日・祝日の20−22時に通過する車両。

昨年末に閣議決定された「道路特定財源の見直しに関する具体策」において、高速道路料金の引下げなどによる既存高速ネットワークの効率的活用・機能強化のための新たな措置を講ずることとされており、2007年度の料金社会実験において、効果や影響などを把握する。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集