ゼンリン子会社とNTTドコモが資本提携

自動車 ビジネス 企業動向

ゼンリンの子会社のゼンリンデータコムとNTTドコモは、資本提携することで合意した。

ゼンリンの高品質な地図データベースと高度な地図データ配信技術を持つゼンリンデータコムとNTTドコモが提携することで、携帯電話向け地図情報アプリケーションの提供や、携帯電話で取得する位置情報と連動したサービスを顧客に提供するなど、地図サービスの普及・拡大を図る。

具体的には、ドコモはゼンリンデータコムの地図データコンテンツとアプリケーション技術をベースに、地図表示や周辺情報検索を簡単・便利に利用する基本地図サービスを提供する。ゼンリンデータコムは、基本地図サービスに連動させた高機能なナビゲーションサービスを提供する。

このほか、ゼンリンデータコムの地図データコンテンツ及びアプリケーション技術とドコモのiモードサービスを融合した携帯電話向けの地図サービスの展開も検討する。

提携をスムーズに進展させるため、資本提携を結ぶ。ゼンリンデータコムはドコモを引き受け先とする第三者割当増資を実施、ゼンリンデータコムに10.27%出資する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集