【リコール】マツダ アクセラ で走行不能の恐れ

エコカー 燃費

マツダは23日、『アクセラ』の変速機マウント締結ボルトに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。06年5月から07年5月までに生産された2025台が対象。

ターボ車で変速機のマウントとブラケットを締結するボルトのトルクの規定値が不適切なため、急発進や急加速によってボルトが緩むことがある。

そのまま使用を続けるとボルトの抜けや破損でエンジンおよび変速機が傾き、最悪の場合、ドライブシャフトが抜けて走行不能になる恐れがある。
《》

編集部おすすめのニュース

特集