【東京オートサロン07】三菱 デリカ D:5 は懐が深い

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京オートサロン07】三菱 デリカ D:5 は懐が深い
  • 【東京オートサロン07】三菱 デリカ D:5 は懐が深い
  • 【東京オートサロン07】三菱 デリカ D:5 は懐が深い
  • 【東京オートサロン07】三菱 デリカ D:5 は懐が深い
  • 【東京オートサロン07】三菱 デリカ D:5 は懐が深い
東京オートサロンの三菱ブースにおけるいちばんの主役は、発売間近の3列シートミニバン『デリカD:5』。

ノーマル車、純正オプション装着車、三菱のカスタマイズブランド「ROAR」のエアロなどで加飾したモデル、そしてパジェロ・パリ=ダカールラリー出場車でおなじみのラリーアートカラーに塗装されたラリーイメージモデルの4台がお目見えした。

「デリカD:5はミニバンの優しさとSUVの力強さの融合を目指したモデル。市街地での快適性を高めつつ、雪道やダートなどの悪路走破性は本格的なSUVと比べても負けないレベルを確保した」。デリカD:5の商品企画を担当した篠崎哲夫氏は、モデルの特性についてこのように語る。

硬軟取り混ぜて4台も展示したのは、そうしたデリカD:5の懐の深さをイメージさせるという狙いもある。国際ラリーストも走行性能のチューンに協力したという走りのミニバンの評価やいかに?!
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集