クラリオンのカーAV、パッソとブーンに納入決定

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

クラリオンは、トヨタ自動車の『パッソ』とダイハツ工業の『ブーン』へのカーオーディオシステムの納入を2006年12月から開始したと発表した。

クラリオンは従来、ダイハツに対しカーオーディオシステムのOEM納入を行っているが、今回新たにブーンで採用、さらにブーンと同仕様でダイハツが生産するトヨタ・パッソへの製品搭載が決定した。

ブーンとパッソに供給する製品の生産は、クラリオン東北事業所で行い、OEM供給となる。

今回納入が決定したカーオーディオシステムは、ミュージックサーバー付CD/チューナーで、最大4倍速の高速録音と5種類の音質モードの選択が可能になった「ミュージックサーバー」機能を搭載し、CDなどから楽曲をそのままメモリー録音(最大660分)ができ、さらに操作ボタンを大きくするなど使いやすさを追求したモデル。

クラリオンでは、「クルマなどの移動空間で音楽と情報のインターフェースとなる」ことを目指すブランドスローガン「ヒューマン・モバイル・ミュージック・メディア・インターフェース」のもと、昨年1月からグローバルブランド「Clarion」を立ち上げ、新ブランドの製品販売を開始した。

2007年からは新たに世界規模のブランドプロモーション展開を実施し、さらなるクラリオンブランドの強化を図り、今後もカーメーカー各社へのOEMにおける取引拡大に向け、カーナビゲーションやカーAVなど車載機器の納入についての提案を積極的に行っていくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集