マツダの水素ロータリーエンジン車、日本科学未来館に納車

エコカー 燃費

マツダの水素ロータリーエンジン車、日本科学未来館に納車
  • マツダの水素ロータリーエンジン車、日本科学未来館に納車
マツダは、水素でもガソリンでも走行できるデュアルフューエルシステムを採用した水素ロータリーエンジン車『RX-8ハイドロジェンRE』を、日本科学未来館に納車した。

日本科学未来館は「科学技術を文化として捉え、社会に対する役割と未来の可能性について考え、語り合うための、すべての人々に開かれた場所」という理念のもと、2001年7月9日に東京お台場地区に開館し、多くの来場者に最新の科学技術の情報発信を行っている。

今回納車された車両は、未来の環境にやさしい水素エネルギー社会の啓発活動の一環として、日本科学未来館の業務やイベントなどで活用される予定。

マツダは、環境社会への取り組みとしてロータリーエンジンによる水素自動車の開発を独自に行っており、2004年10月に国土交通大臣認定を受けナンバーを取得し、公道走行を開始した。2006年3月から官公庁及び民間企業に計5台が納入されており、様々なイベントや業務などで活用されている。今回の日本科学未来館への納入は6台目となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集