【東京オートサロン07】キムタク カローラフィールダー

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京オートサロン07】キムタク カローラフィールダー
  • 【東京オートサロン07】キムタク カローラフィールダー
  • 【東京オートサロン07】キムタク カローラフィールダー
  • 【東京オートサロン07】キムタク カローラフィールダー
  • 【東京オートサロン07】キムタク カローラフィールダー
今回のオートサロンにトヨタが出展したコンセプトカーのうちで、一際注目を集めていたのが、タレントの木村拓哉氏が監修したデザインを施された『カローラフィールダー』だ。その名も、「“Takuya Kimura NEW COROLLA” ICHIBUN special edition “Sports M”MODELLISTA Concept」。

映画『武士の一分』をテーマに、躍動感あふれるデザインで木村拓哉氏自身の「新しい尺度。」を表現したデザインとのことだ。外観は黒地に白い和風のペインティングとなっており、左右の全部ドアの下側に「一分」と入っているのがアクセントとなっている。その横には「木村拓哉」ともある。

なお、コンセプト名の後半、「“Sports M”MODELLISTA Concept」が示すのは、トヨタモデリスタインターナショナルによる、スポーティなチューンナップを施していることを示すもの。

専用のスポーツサスペンションやTRD製の専用スタビライザーなどで足回りを強化したほか、フロントアンダーリップスポイラー、サイドロアスカート、リヤスカートの3箇所がモデリスタエアロキットに交換されるなど、走りも追求した仕様となっている点もポイントだ。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集