【日産 スカイライン 新型発表】CFカードからの音楽再生もできる

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

新型日産『スカイライン』(11月20日発表)のうち、カーウイングス対応の純正カーナビを装着したモデルについては、CFカードからの音楽再生も可能となっている。

対応ファイルはMP3とWMAで、CDやDVDなどと同様に統合コントローラーや画面から操作が出来る。フォルダに分けて複数のアルバムを収録することも可能で、パソコン上ではドラッグ&ドロップでコピーできることを考えれば、こうしたファイルをCDに焼くよりも手軽に車内に持ちこむことができる。だが、このCFカードからの音楽再生はオマケでしかない。

CFカードスロットを搭載した本来の目的はハンディタイプの診断テスター「CONSULT-III」(コンサルト3)との接続のため。CFカードタイプのコネクタとCONSULT-IIIを結び、カーナビの地図更新時にデータを送り込むようになっているという。

CONSULT-III自体はBluetooth(ブルートゥース)接続に対応しているが、データ転送の速度と安全性を考慮した結果として有線接続になったとみられる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集