【インプレ'06】津々見友彦 三菱『i』 堂々した構え

試乗記 国産車

【インプレ'06】津々見友彦 三菱『i』 堂々した構え
  • 【インプレ'06】津々見友彦 三菱『i』 堂々した構え
エクステリアデザインがモダーンで軽自動車と思えない堂々とした構えがいい。

インテリアも外観同様にモダーンで先進的なデザインが特徴。有機的なラインでカタチづくられたデザイナーズ家具が好みのユーザーには満足するインテリアだろう。

視界も前方にグッと広がって見やすいし、フロントシートもスッポリとサポートしてくれ快適だ。リヤシートもしっかりとリクライニングし、ゆとりのスペースを確保している。

ターボ仕様は、4速ATながらトルクがあり、動力性能が高い。Kカーの中ではハイスペックの出力特性で、0-400m加速は18秒前半で走りきる雰囲気。街なかを登録車と混走してもイライラ感はまったくない。フロントシートに座る限り、エンジンノイズも小さく快適だ。

操縦性もしっかりとしたサスで、ミッドシップらしくスムーズ。それでいてオーバーステアにはならない設定なので安心感も高い。

ブレーキもしっかりよく効き、安心だ。操縦性がよいだけに乗り心地はやや硬めだが、大きく不満はない。Kカーを感じさせないオシャレなモダーンムーバーだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


津々見友彦|モータージャーナリスト
第1回日本GPに出場。日産、トヨタ、いすゞの元ワークスレーシングドライバーを経て、モータージャーナリストとして活躍。カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。その他にポルシェクラブドライビングスクールの校長も務める。
《津々見友彦》

編集部おすすめのニュース

特集