【インプレ'06】岡島裕二 ホンダ『CR-V』 ライバル以上の存在感

試乗記 国産車

【インプレ'06】岡島裕二 ホンダ『CR-V』 ライバル以上の存在感
  • 【インプレ'06】岡島裕二 ホンダ『CR-V』 ライバル以上の存在感
『CR-V』はモデルチェンジするたびに大きくなっていたが、3代目となる新型は、さらに巨大に。だが、そのお陰でライバルの『RAV4』や『アウトランダー』だけではなく、『ハリアー』や『ムラーノ』の直4モデルも食ってしまうぐらいの、高い存在感を手に入れている。

走りに関してはホンダ得意の低重心化が功を奏して、SUVらしからぬ秀逸なものに仕上げられている。とくに山道のような曲がりくねった道に入ると、水を得た魚のようにスイスイとコーナーをクリアしてしまう。

エンジニアいわく「アコード並みのハンドリングを目指した」と語っており、実際に乗ってみても、その言葉は高い次元で達成されていることがわかる。

VSCを全車標準装備とし、追突軽減ブレーキなどの先進安全システムを標準装備したグレードを設定するところも評価できるポイントだ。

2.4リッターのエンジンにパワー不足は感じないが、ライバルがCVTを積極導入しているのに、CR-Vは先代と同じ5速ATなのが少し残念なところだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★☆


岡島裕二| モータージャーナリスト
20代前半にレースの参戦資金調達のために自動車専門誌出版社に勤務。その後ウェブ編集者を経て、2003年よりフリーモータージャーナリストに転身。レース経験を生かした試乗インプレッションと、貧乏生活から芽生えた価値観をもとに、クルマの本質を鋭く分析。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集