【グッドデザイン06】日産マーチ & ラフェスタ+コンラン

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

【グッドデザイン06】日産マーチ & ラフェスタ+コンラン
  • 【グッドデザイン06】日産マーチ & ラフェスタ+コンラン
  • 【グッドデザイン06】日産マーチ & ラフェスタ+コンラン
  • 【グッドデザイン06】日産マーチ & ラフェスタ+コンラン
  • 【グッドデザイン06】日産マーチ & ラフェスタ+コンラン
  • 【グッドデザイン06】日産マーチ & ラフェスタ+コンラン
  • 【グッドデザイン06】日産マーチ & ラフェスタ+コンラン
  • 【グッドデザイン06】日産マーチ & ラフェスタ+コンラン
「GDP2006」=グッドデザイン・プレゼンテーション2006(23日−26日、東京ビッグサイト)で、日産自動車ブースでは6月から発売を開始した『マーチプラスコンラン』『ラフェスタプラスコンラン』を展示した。

「ザ・コンランショップやレストランの経営など、数々のデザインプロジェクトを手がける「コンラン」とのコラボレーションによって生まれました。イギリス、ロンドンにある日産のデザイン拠点、日産デザインヨーロッパでのコンランとの出会いがきっかけです」と語るのは、ラフェスタプラスコンランのインテリアを担当した日産自動車デザイン本部カラーデザイン部の五十嵐豊デザイナー。

「ラフェスタプラスコンランで一番苦労した所は、パノラミックルーフの電動シェーディングのストライプですね。分割面とストライプ模様の合わせや張りが大変でした。このストライプは、シート表皮のアクセントモールやフロアカーペットにも繰り返し使われ、明るく楽しいイメージを演出しています」

「マーチプラスコンランでは、木漏れ日のような木の葉の陰を、レイヤーとして見せました。フロントシートバックにもこの模様が入り、後ろからの見栄えにも気を配っています。またステアリング上部には、差し色として同じ色を入れています」
《松本明彦》

編集部おすすめのニュース

特集