【インプレ'05】両角岳彦 ホンダ『ステップワゴン』 ミニバンの新たなカタチを提案した

試乗記 国産車

【インプレ'05】両角岳彦 ホンダ『ステップワゴン』 ミニバンの新たなカタチを提案した
  • 【インプレ'05】両角岳彦 ホンダ『ステップワゴン』 ミニバンの新たなカタチを提案した
初代は単純な四角い箱に割り切った「ニッポンのミニバン」。2代目の作り手はある意味でホンダらしく、形をリメイクして失速。かくて3代目は、見た目は方向転換。でも中に入ると「スクエアな空間は継承しつつ新しい表現を」と考えたことは伝わり、2+1列席ワゴンに転じた3代目『オデッセイ』よりは中道寄り。

シャシー設計も反省と見直しがあり、パワーパッケージも『フィット』から始まる実用域重視型で、今のホンダ車の中ではまぁ素直に走ってくれるほう。

しかし作りも走りも、いかにも線が細い。「郊外の住宅地に暮らし、日々運転するのはお母さん」という移動範囲が限定されたシナリオの中でなら、それらしく使えるけれど。シートは「ショールームでの折りたたみ実演販売」を脱し、多少改良されたが、それにしてもシートベルトを含めて安全が何とか保証できるのは4人だけ、人+荷物同居に対する考慮も希薄、という悪しき日本流もそのまま。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。自動車の工業製品としての本質を追究した評論活動を行なっている。
《》

特集