【インプレ'05】津々見友彦 日産『セレナ』 心地よいユーティリティが売り

試乗記 国産車

【インプレ'05】津々見友彦 日産『セレナ』 心地よいユーティリティが売り
  • 【インプレ'05】津々見友彦 日産『セレナ』 心地よいユーティリティが売り
先代よりも背高ボディになるも、運転席の乗り降りはしやすい。フロントシートは身体に密着するような心地よい包み込み感があり、なかなかにいい。

またリヤシートも形状がよく、心地よく座れるのは好印象。さらに大きく前後スライドするのでゆったりとした足もとスペースを作れ、右側のシートは左右にスライドして、ウオークスルーも作り出せる。ただその機能を持たすためか、アームレストがないのは惜しいところだ。

3列シートはバックレストが高く、両サイドにアームレストもあるので、意外に無理なく座れていい。セカンドシートの位置にもよるが、足もとスペースもそこそこ作り出せる。さらに、この3列シートは左右に軽く折りたため、操作性が抜群にいいのも誉めたいところだ。

ハンドリングも大きく不満がない。動力性能は0-400m加速、19秒台の雰囲気。やや大人しいが実用上不満はない。乗り心地はよく、静粛性も高く満足だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


津々見友彦|モータージャーナリスト
第1回日本GPに出場。日産、トヨタ、いすゞの元ワークスレーシングドライバーを経て、モータージャーナリストとして活躍。カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。その他にポルシェクラブドライビングスクールの校長も務める。
《津々見友彦》

特集