【インプレ'05】松下宏 ホンダ『ステップワゴン』 低重心のスポーティ感覚が身上

試乗記 国産車

【インプレ'05】松下宏 ホンダ『ステップワゴン』 低重心のスポーティ感覚が身上
  • 【インプレ'05】松下宏 ホンダ『ステップワゴン』 低重心のスポーティ感覚が身上
全高を抑えた低重心パッケージによるフットワークのよさが『ステップワゴン』の身上。ミニバンらしからぬ感覚の走りのフィールが味わえる。

しっかりした乗り心地よってコーナーでの姿勢も安定しているのは好感が持てるところ。高速クルージングなども安定感にあふれたものとなる。ミニバンといえども、オーナーがひとりで乗っている時間がもっとも長いのだから、そんなときに走りのよいクルマであることは重要だと思う。

動力性能の面で2リッター車にはやや不満も感じられた。装備の追加などによって重量が重くなっているだけに、加速フィールに物足りなさが残るのだ。2.4リッターエンジンはパワーの数字はほとんど同じだが、トルクの余裕が大きいため、こちらに乗れば走りに不満はない。

木目調の印刷を施したフローリングの床面は新しいアイデア。スポーティさが表現された外観デザインと合わせてステップワゴンの魅力になるはずだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

特集