ホンダ、CO2削減自主目標を公表…自動車メーカー初

エコカー 燃費

ホンダは、製品と生産活動での二酸化炭素排出を低減するための自主目標を設定し、自動車メーカーで初めて公表した。

同社では、二酸化炭素排出削減に本格的に取り組んでいる。2000年にホンダの四輪車から排出される二酸化炭素の全世界平均値は1km走行当たり179.5gだったが、エンジンなどの燃費低減で2005年までに5%低減した。

新たに設定した自主目標では、2010年には、2000年実績に対して10%低減を目指す。二輪車、汎用製品でも同様に10%低減を目指す。

また、四輪車を1台生産する際に排出される二酸化炭素全世界平均値も2000年に比べて2005年に5%低減したが、2010年までにさらに5%以上低減し、2000年実績に対して10%低減を目指す。同様に二輪車、汎用製品では20%低減を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集