【インターネプコン06】豊田通商のせんべい、大人気

自動車 ビジネス 企業動向
【インターネプコン06】豊田通商のせんべい、大人気
  • 【インターネプコン06】豊田通商のせんべい、大人気
18日から20日まで東京ビッグサイトで開催されている「インターネプコンワールドジャパン2006」では、来場者に対して多くの企業がさまざまな粗品・景品を配っているが、なかでも人気になっているのが豊田通商だ。

会社の名前が入ったせんべいがそれだが、アンケートに答える必要もないので、通りがかりの来場者が「ちょっと1枚いいですか、という感じで次々にとっていきますよ」と豊田通商関係者。以前の展示会でせんべいを配ったら、好評だったので今回もとなったそうだ。

豊田通商といえば、トヨタのグループ企業のひとつで、トヨタ自動車と同様、その勢いはとどまるところを知らない。今年4月1日にはトーメンを吸収合併する。その発表があったときには、「小が大を飲む」ということで話題にもなったほど。商社業界では注目されている1社である。

今回、同社が展示している主力商品は米国サイバーオプティクス製の3次元はんだ印刷検査装置。3D位相側面センサーで高密度実装基板でもはんだ量計測において、高密度を実現しているというものだ。同社関係者によれば、この分野で世界最高レベルの検査装置とのことだ。

ただ、同社関係者はこの検査装置よりせんべいのほうが来場者に人気があり、苦笑いをしていた。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

  • 【インターネプコン06】世界有数、ヤマハの表面実装機事業 画像 【インターネプコン06】世界有数、ヤマハの表面実装機事業
  • 【インターネプコン06】メーカーの裏方を支える NI 社の実力 画像 【インターネプコン06】メーカーの裏方を支える NI 社の実力
  • ネプコン ジャパン開幕、過去最多の1098社が出展 画像 ネプコン ジャパン開幕、過去最多の1098社が出展
  • 豊田通商とトーメンが合併で合意 画像 豊田通商とトーメンが合併で合意

特集