ETCパーソナルカード…クレジットカード契約無しで使える

自動車 テクノロジー ITS
東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路、首都高速道路、阪神高速道路、本州四国連絡高速道路の6社は、ETCパーソナルカードを発行することを発表した。クレジットカード契約をしないユーザーにもETCが利用できるようにしたカードで、有料道路の通行料金の支払いのみに使用を限定している。


11月29日より申し込み受付を開始する。申し込みに当たって、ユーザーは本人名義の郵便局の通常貯金口座を持ち、予め保証金(デポジット)を預託できることが条件となっている。ETCパーソナルカードでの通行料金は、郵便局貯金口座から1カ月単位で引き落とす。デポジットはあくまでも保証金という位置づけで、そこから通行料金が引き落とされることはない。またETCパーソナルカードを利用するには1枚あたり1200円の年会費が必要となる。
 
デポジットの金額の決め方は次の通り。利用見込月額(有料道路の月平均利用額)と年間最高利用月額(年間で有料道路を最も多く利用した月の金額)を申請し、利用見込月額を5千円単位で切り上げた額を4倍した額と年間最高利用額を2万円単位で切り上げた額を比較、いずれか高い額をデポジットとして預託する。なお、利用見込み月額が1万円未満の場合は、1万円となる。カード発行後、実際の利用状況に応じてデポジットの増額もありえる。
 
これにより、クレジットカードを持ちたくないがETCを利用したいというユーザーもETCを利用できるようになる。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース