【東京モーターショー05】次期 マツダ MPV の抜けの良さ

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京モーターショー05】次期 マツダ MPV の抜けの良さ
  • 【東京モーターショー05】次期 マツダ MPV の抜けの良さ
  • 【東京モーターショー05】次期 マツダ MPV の抜けの良さ
  • 【東京モーターショー05】次期 マツダ MPV の抜けの良さ
  • 【東京モーターショー05】次期 マツダ MPV の抜けの良さ
  • 【東京モーターショー05】次期 マツダ MPV の抜けの良さ
  • 【東京モーターショー05】次期 マツダ MPV の抜けの良さ
2005年初頭にデビューを果たすマツダ『MPV』が、ほぼ市販車そのものの姿でモーターショー会場に登場する。

ボディサイズは全長4870×全幅1850×全高1685mmと、現行モデルより幅広く、長く、そして低くなった。分厚いボンネットや大型ヘッドランプ、高いウエストラインなどにより、威風は充分。鏡面仕上げの塗装や3次元的なボディデザインにより、質感も大幅に上がっている。

インテリアのデザインテーマは“抜けのよさ”。ダッシュボードは水平基調で広々感を強調。さらに間接照明によって、夜はダッシュボード上部が下部からフローティングしているような演出もなされている。2列目には飛行機のビジネスクラスのような大型オットマン付き「スーパーリラックスシート」も設定される。これらはすべて、ショー会場の展示車で確認できる。

出展車両のエンジンは『アテンザマツダスピード』にも採用された、ハイパフォーマンスな「MZR」2.3リットル直4DOHC・DISIターボ。トランスミッションは電子制御6速ATだ。市販車はこのターボエンジンと、自然吸気2.3リットル直4の2機種がラインナップされるという。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集