【ホンダ・シビック プロトタイプ速報】その3 ごく自然なパフォーマンスが持ち味…こもだきよし

自動車 ニューモデル 新型車
【ホンダ・シビック プロトタイプ速報】その3 ごく自然なパフォーマンスが持ち味…こもだきよし
  • 【ホンダ・シビック プロトタイプ速報】その3 ごく自然なパフォーマンスが持ち味…こもだきよし
  • 【ホンダ・シビック プロトタイプ速報】その3 ごく自然なパフォーマンスが持ち味…こもだきよし
  • 【ホンダ・シビック プロトタイプ速報】その3 ごく自然なパフォーマンスが持ち味…こもだきよし
2005年9月22日に発表予定の日本仕様『シビック』のプロトタイプをチェックする機会に恵まれた。その模様をお伝えしよう。

シートは構造部分がしっかりした感じになり、形状もよく、座りやすくなった。バケットシートのような形状による包まれ感はないものの、そのしっかり感からコーナリングでも身体が安定している。スライドとリクライニングはもちろん、上下に50mm動くハイトコントロールも付いている。さらにハンドルはチルトだけでなく前後に動くテレスコピックも40mm動くから、いろいろな体型のドライバーに対してジャストフィットするだろう。

1.8リッターガソリンエンジンはとくにエンジンコンシャスなわけではなく、ドライビング中にエンジンを意識することはあまりない。それだけ自然な感じで乗れているということだ。広いテストコースで走ってもじゅうぶんな加速力があり、高速域やワインディングロードでもトルク不足は感じなかった。高回転までよく回るし、アクセルペダルの踏み込みに比例したトルクが出ていた。

コーナリング性能は初期のロール方向の押さえが不足気味ではあるが、これは発売までに解決することを期待しよう。しかしワインディングロードを飛ばして走ってもグリップはよく粘り、なかなか破綻をきたさない。路面をよくグリップしている。

これはエンジニアの話によると、サスペンションの伸び側をこれまでより伸ばしたからだそうだ。タイヤが浮かずに路面によく追従してくれるので、グリップが持続するのだそうだ。サスペンションストロークは変わらないから、イニシャルの位置を少し上にしたという。

ハイブリッド車はモーターとバッテリーが搭載されているぶん、ガソリンエンジン車より重くなっている。しかしタイヤは転がり抵抗が小さなタイヤを選んでいるので、ハイスピードコーナリングやハンドリングコースで飛ばすとすぐに音を上げる。それでも急に滑ることはなく、グリップ限界は低いものの最後まで粘ってはいる。ハイブリッド車は特別変わったクルマではない。ごく普通に見えて、ごく普通に走ることができるから、これからのスタンダードカーの基準を塗り替えそうな一台だ。
《こもだきよし》

編集部おすすめのニュース

特集