【インプレ'05】河村康彦 三菱『ランサーエボリューションIX』 柔軟なパワー特性に磨きを掛けた

試乗記 国産車

【インプレ'05】河村康彦 三菱『ランサーエボリューションIX』 柔軟なパワー特性に磨きを掛けた
  • 【インプレ'05】河村康彦 三菱『ランサーエボリューションIX』 柔軟なパワー特性に磨きを掛けた
世の風当たりを恐れてか280psという値はキープしつつも、ターボチャージャーの変更などで実質的なエンジンのポテンシャルアップを図ったのが『IX』最大の売り物。

というわけで実際にアクセルペダルを踏み込むと、なるほど低回転域からのターボブーストの立ち上がり方がこれまでの『VIII』のそれとはまるで違う。同じ車速でひとつ上のギアを選択しても、場面によっては同等以上の強烈加速力を得ることが可能なほど。すなわち、「パワーバンドが強烈に広がった」のが『IX』ということになる。

そんな特性は高性能車にはツマラナイ…というのは素人(?)のお言葉。何故なら、こうした特性はステアリング操作に忙殺をされるコーナリングシーンをはずしたシフトアップを可能にするなどで、実質的な“速さ”を格段にアップさせるのに直結するからだ。

いずれにしても、これこそ現行型『ランサー』ベースのエボリューションモデル最終形か!?


■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

特集