【インプレ'05】熊倉重春 トヨタ『ヴィッツ』 じつにわかりやすいモデルチェンジ

試乗記 国産車

【インプレ'05】熊倉重春 トヨタ『ヴィッツ』 じつにわかりやすいモデルチェンジ
  • 【インプレ'05】熊倉重春 トヨタ『ヴィッツ』 じつにわかりやすいモデルチェンジ
さすがトヨタと感心するのは、いかにも金かかってるというか「上級」っぽく見せるテクニック。大衆車ユーザーほどじつは高級感に憧れるという心理を見抜いたモデルチェンジだ。

全幅を5ナンバー枠いっぱいに拡大したのに、それを室内幅ではなくドアの厚みに使い、なんだか彫りが深いように見せるのもそのひとつ。それでもただ大衆に媚びているわけではなく、これからの方向性を強く叫んでいることにも注目したい。

その代表が、ほとんど全車種にCVTを標準装備したこと。人気のホンダ『フィット』もほぼ全車CVTだから、これで日本の大衆車界のCVT率がどんと上がり、食わず嫌いも減るだろう。

走行感覚は従来の『ヴィッツ』よりはるかに重厚。どう振り回しても落ち着いているので安心感も大きい。ウェストラインが高いぶん埋まって守られた感じも大きいが、そのぶん小柄な女性ドライバーなどにとっては斜め後ろが見にくく、車庫入れなど困るかも。バックモニターは必需品?

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


熊倉重春| モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。
《熊倉重春》

特集