【インプレ'04】松下宏 日産『ムラーノ』 重さを感じさせない独得の加速フィール

試乗記 国産車

【インプレ'04】松下宏 日産『ムラーノ』 重さを感じさせない独得の加速フィール
  • 【インプレ'04】松下宏 日産『ムラーノ』 重さを感じさせない独得の加速フィール
アメリカ市場向けに開発した大型のSUVを当初は予定になかった日本市場にも投入することになった。日本向け専用に2.5リッターの2WDも設定するものの、全幅の大きなボディなどは必ずしも日本市場向きではない。ワイドボディのデザインは、けっこうカッコよく見えるし、室内に座ると横方向の広さはびっくりするくらいだが、取り回しや使い勝手を考えるとそう喜んではいられない。

V型6気筒の3.5リッターエンジンが発生する動力性能は余裕じゅうぶん。『フェアレディZ』用などとは異なるチューニングだが、排気量の余裕を生かしてトルク感のある走りが可能。ボディの重さを感じさせない走りだ。エクストロニックCVTとの組み合わせによる滑らかな加速フィールはなかなか得難いものだ。

街なかでの日常ユースを中心に考えるなら、4気筒2.5リッターエンジンの搭載車でもとくに不満はない。売れ筋になるのはこの2WD車だろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

特集