【東京モーターショー04】自操式運転装置が付いたシミュレーター

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京モーターショー04】自操式運転装置が付いたシミュレーター
  • 【東京モーターショー04】自操式運転装置が付いたシミュレーター
  • 【東京モーターショー04】自操式運転装置が付いたシミュレーター
フライトシミュレーターの技術を持つスバル技術本部とスバル技術研究所が共同開発を行った「ドライビングシミュレーターII」。

そのシミュレーターに手動だけで操作が可能な自操式運転装置を組み込んだタイプが2台、東京モーターショー(プレスデイ:11月2日、一般公開:3−7日、千葉・幕張メッセ)に出品される。

このシミュレーターにはシートへの乗降性も考慮し、左電動回転昇降シート、ロールゲージを模した乗降用アシストグリップとレカロシート、および4点式シートベルトを装備している。

下肢の不自由な方でドライビングシミュレーターを体験してみたい人や、自操式運転装置を体験してみたい人には興味深いコーナーになるはずだ。

なお、このドライビングシミュレーターの初代機はスバルディーラーに限って販売された実績があるが、第二世代機は一般にも販売する予定があるという。

自動車メーカー純正のドライビングシミュレーターが、駅前のゲームセンターで試すことができるようになったとしたら、おそらく日本初、世界初であろう。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集