【東京モーターショー04】三菱ふそうも尿素SCRエンジン出品

自動車 ニューモデル モーターショー

大型トラック業界では2005年10月に実施されるディーゼル車の新長期排ガス規制への対応が最大の技術課題となっているが、三菱ふそうトラック・バスはNOx(窒素酸化物)触媒の「ユリア(尿素)SCRシステム」を採用したエンジンを東京モーターショーに技術展示する。

尿素SCRシステムでは、すでに日産ディーゼル工業が10月7日に実用化を発表。東京ショー後にはこのシステムを採用した新長期規制適合の大型トラックを発売する計画だ。

三菱ふそうは、直列6気筒ターボにコモンレール式燃料噴射システムや高精度クールドEGR(排ガス再循環装置)などと尿素SCRシステムを組み合わせ、新長期に適合させる。このエンジンを搭載した大型ダンプも参考出品する。

欧州ではふそうの親会社であるダイムラークライスラーなどトラック大手がそろって尿素SCRを開発している。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集