【東京モーターショー04】ダイハツFRC…スワットが隠れていそう

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京モーターショー04】ダイハツFRC…スワットが隠れていそう
  • 【東京モーターショー04】ダイハツFRC…スワットが隠れていそう
  • 【東京モーターショー04】ダイハツFRC…スワットが隠れていそう
  • 【東京モーターショー04】ダイハツFRC…スワットが隠れていそう
  • 【東京モーターショー04】ダイハツFRC…スワットが隠れていそう
  • 【東京モーターショー04】ダイハツFRC…スワットが隠れていそう
  • 【東京モーターショー04】ダイハツFRC…スワットが隠れていそう
  • 【東京モーターショー04】ダイハツFRC…スワットが隠れていそう
東京モーターショー(11月2日−7日、千葉・幕張メッセ)にコンセプトカーとして出品される『FRC』(Future Reformed Compact Cargo)は、『ハイゼット』のFRシャシーがベースの軽自動車カーゴ。

宅配便の配送車のニーズに対応するために発想されたユニークなクルマだ。一見して広い荷室は長さ1860mmもあり、リヤタイヤを185/55R10の専用小径タイヤとすることで完全なフラットフロアを実現。軽自動車最大の荷室容量を確保している。

ユニークなのはシートのレイアウト。乗車定員は2名だが、基本的には1名で乗車することを想定してベンチシートを小型化し、運転席をやや中央に寄せている。そして左右に広い隙間を設けることで、そこから荷室へのウォークインを可能にしている。シート自体も左右に90度まで回転するので乗降性にも優れている。

FRレイアウトのエンジンは、ちょうどシートの下に収まるようになっており、エンジンフードの上にシートのクッションが乗っている感じだ。そうすることで、シートスペース以外は完全なフラットフロアを実現している。

荷室のフロア高は450ミリと低いので、バイクなどの大きなモノを積み込むのにも適している。荷室には、あえて男っぽさをアピールするために、フロント用のスペアタイヤがむき出しに置かれているのもユニークだ。

FRCの開発を担当したダイハツ工業製品企画部主担当員 稲岡利春氏は「FRCは宅配便業者のニーズに合わせて作られたクルマです。FFCが女性を意識して作られているのに対し、FRCは男らしいカーゴを目指しました。スワット(特殊部隊)が、ここに隠れているようなイメージです」とコメント。

ハイゼットのFRシャシーの一部を利用はしているものの、スタイルや個別の部品はコンセプトカーの域を脱してはいないので、市販を前提としたクルマではないだろう。でも、こんな軽カーゴが本当にあったら面白そうだ。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集