【インプレ'04】ピーターライオン スバル『フォレスター』 まるでフォレスターの皮を被ったインプだ

試乗記 国産車
【インプレ'04】ピーターライオン スバル『フォレスター』 まるでフォレスターの皮を被ったインプだ
  • 【インプレ'04】ピーターライオン スバル『フォレスター』 まるでフォレスターの皮を被ったインプだ
よくぞ、スバルは作ってくれた。ついに2.5リッターのターボが日本に上陸。そのうえ、6速MTを搭載し、ブレンボブレーキと18インチのタイヤを履くこのクルマは、フォレスターのボディを被せたインプレッサとしかいいようがない。レガシィとインプレッサの弟が立派に成長したって感じだ。

で、その感じは最高! こんなフォレスターがあっていいの? と思わせるくらい、パワー感、ボディ剛性、グリップ力、制動力が優れている。しかも300万円を切る価格設定というのも驚く。

2.5リッターを先にフォレスターにラインアップしたのが寂しいけどね。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワー&フットワーク:★★★★☆
装備内容:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


ピーター ライオン|モータージャーナリスト
60年オーストラリア生まれ。現在、欧米、日本の有力誌16誌に執筆し、合計部数は450万部と日本一。日本語の原稿を自分で書く唯一の外人モータージャーナリスト。COTY選考委員。愛車はレガシィB4。
《ピーター・ライオン Peter Lyon》

特集