米誌の性能テストで日本車がトップをほぼ独占

自動車 社会 社会

米国の消費者向け情報誌『コンシューマー・リポーツ』が9日発売号に掲載した2004年モデルの性能調査結果で、10部門中8部門のトップをトヨタ自動車のレクサス『LS430』(ラグジャリーセダン部門)など日本車が占めた。

この調査は、米国で販売されている04年モデル183車種を対象に実施したもの。走行性能や乗り心地、環境、安全性能など同紙による40項目のテストを実施して採点した。トヨタは『LS430』のほか、トヨタ『プリウス』(環境)、同『シエナ』(ミニバン)、レクサス『RX330』(中型SUV)がトップになった。

また、ホンダもアキュラ『TL』(アップスケールセダン)、ホンダ『アコード』(ファミリーセダン)、同『パイロット』(3列シートSUV)の3モデルがトップとなった。さらにスモールSUVでは富士重工業のスバル『フォレスター』が獲得した。

米国車はフォードの『フォーカス』が「スモールセダン」と「ファン・ツー・ドライブ」の2部門でトップになったのにとどまった。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集