【東京ショー2003出品車】『ファインN』---「byワイヤ」の可能性

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京ショー2003出品車】『ファインN』---「byワイヤ」の可能性
  • 【東京ショー2003出品車】『ファインN』---「byワイヤ」の可能性
  • 【東京ショー2003出品車】『ファインN』---「byワイヤ」の可能性
トヨタ『ファインN』コンセプトのもうひとつの特徴は、すでに実用化されているアクセルbyワイヤや、ブレーキbyワイヤに続き、「ステアリングbyワイヤー」と呼ばれる、ステアリング操作を電子化したシステムの採用することだ。

ドライバーによるステアリング操作は、電気信号に変換され、モーターを回転させることでタイヤの舵を切るシステム仕組みで、ステアリングホイールとタイヤが機械的に連結していないことがポイント。

作動に電子制御が介入することで、ステアリング操舵特性などは自由に変更することが可能。状況や走り、ドライバーにあわせて操舵特性を変更させるといった可能性も秘めているシステムだ。

また、電気信号を送る配線さえ繋がっていれば、操作部の位置を自由に設定できる「byワイヤ」の特徴を生かし、アクセル、ブレーキ、ステアリング位置の調整範囲が拡大。ファインNでは、ドライバーの体格や好みに応じて、ペダルやステアリングの位置を幅広く調整できるようになっている。

ファインNは、ハード面、ソフト面の両面からトヨタの予想する「近未来のクルマ」を具体化した、「正常進化した未来の自動車」といえる。
《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

特集