シボレーと大宇の結合=1万ドルを切る

自動車 ニューモデル 新型車
シボレーと大宇の結合=1万ドルを切る
  • シボレーと大宇の結合=1万ドルを切る
今年のシカゴオートショーでGMが発表した、旧大宇(デーウ)とのベンチャーとして韓国で生産される小型車、シボレー『アベオ』。シカゴの時点では5ドアハッチバッグまたは4ドアセダンで、現代(ヒュンダイ)『アクセント』などと対抗できるクルマ、ということだった。目標販売台数も、2004年モデルイヤーで7万台、と非常に明確だった。

そのアベオの販売がついに始められることになったた。価格はベースモデルで9995ドル、1万ドルを切る、と発表された。販売開始時期は12月。CDプレイヤーなどはオプションだが、1.6リッター4シリンダーエンジンで、この価格帯のパッケージとして装備は最高クラス。

このところ米国内で売れ行き好調な現代、起亜(キア)の両韓国ブランドのエントリーモデルと真っ向からぶつかるクラス、価格だ。

しかし米国内に残る大宇ディーラーなどは、「アベオは大宇のディーラーを通じて販売すべきで、シボレーの名前をかぶせるべきではない」という反発も根強く、今後GMが国内の大宇関連会社とどう折り合いをつけていくのはまだはっきりしていない。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

  • 大宇切り捨てにアメリカで反発 画像 大宇切り捨てにアメリカで反発
  • 大宇の『ラセッティ』をタイで生産、シボレーブランドで販売 画像 大宇の『ラセッティ』をタイで生産、シボレーブランドで販売
  • 【ソウルショー2002速報】GM大宇となって再出発---開発中断のギャップは大きい 画像 【ソウルショー2002速報】GM大宇となって再出発---開発中断のギャップは大きい
  • GM販売台数微減でも強気の見通し……8月の実績 画像 GM販売台数微減でも強気の見通し……8月の実績

特集