【COTYについて読者の声】不明瞭さ、閉鎖性がある

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

【COTYについて読者の声】不明瞭さ、閉鎖性がある
  • 【COTYについて読者の声】不明瞭さ、閉鎖性がある
  • 【COTYについて読者の声】不明瞭さ、閉鎖性がある
  • 【COTYについて読者の声】不明瞭さ、閉鎖性がある
13日、2002-2003日本カー・オブ・ザ・イヤー(=COTY、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会主催)は、ホンダの『アコード/アコードワゴン』に決定した。読者の反応はアコード受賞の是非より、COTYのあり方に向けられた。

以下《Aさん》からのメール:

まずホンダ・アコードのCOTY受賞におめでとうと言いたい。ホンダが3年連続受賞で、一昨年の『シビック』は売れず、去年の『フィット』は大売れ。COTYと販売台数は関係ないことを一社で証明した形で面白い。

日産の敗因は、自ら候補を『フェアレディZ』に絞ったことだと思う。『マーチ』なら勝てたかもしれない。またトヨタが『ist』(イスト)ではなく『カルディナ』一本にするなど、メーカーが手を回して1社1台に候補を絞らせている感が素人にも見て取れる。

さらにアコードもZもほとんど道路で見かけないのにもかかわらず上位1-2位を占めるなど、選考方法に問題があるのではないか。今年から輸入車も同列になったCOTYの新選考規定をインターネットで検索したが全く見つけられなかった。このあたりに不明瞭さ、閉鎖性がある。

編集部より:メーカーの気持ちとしてこのクルマが受賞してほしいというものがあり、そうお願いする気持ちは悪いことではないでしょう。1社1台に絞るのは票が割れないようにするためですね。問題はお願いを聞き入れてしまう方ではないでしょうか。

次に販売実績を賞選考の評価につなげることには難しいものがあります。スペシャリティと大衆車のように、もとから生産・販売台数の設定が異なるクルマがあります。その商品を購入した消費者が満足しているか、という顧客満足度は比べられるかも知れません。

そしてCOTYの選考規定がインターネットで見つからないということですが、COTY実行委員会は雑誌などの紙媒体で構成され、インターネットを媒体として活用しにくい立場にあるからなのです。

●おっと、これは?! メールマガジン「デイリーニュースランキング」では毎日の記事の中からオートアスキー編集部が選んだおすすめ記事をランキングにしてお届け。自動車業界、クルマライフのトレンドをキャッチアップ!---
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集