【リコール】GM、ミッドサイズSUVの54万6000台

自動車 社会 行政

【リコール】GM、ミッドサイズSUVの54万6000台
  • 【リコール】GM、ミッドサイズSUVの54万6000台
GMでは50万台をこえるミッドサイズSUVをリコールする。対象となるのは2000年から2001年モデルのシボレー『ブレイザー』、GMC『ジミー』、オールズモビル『ブラバダ』。

問題箇所はライティングシステムで、リアストップランプやハザードランプが点灯しない場合があるため。合計で54万6000台のリコール対象車は、1999年9月から2001年8月までの間に作られたという。

この欠陥が原因と考えられる事故はこれまでに2件報告されているが、事故による死傷者などは出ていないという。
《Sachiko Hijikata, US editor》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品