【上海ショー2001】VW『ボーラ』ショー初登場

自動車 ニューモデル モーターショー

【上海ショー2001】VW『ボーラ』ショー初登場
  • 【上海ショー2001】VW『ボーラ』ショー初登場
中国の一汽大衆(VW)グループは、『パサート』、アウディ『A4』の弟分として、新型モデル『宝来』(ボーラ)を発売した。

12月5日に廈門(アモイ)で発表されたときには、報道陣だけがその姿を見ることができたが、11日から始まった上海モーターショーの一般公開では、だれでも20元を払えば『宝来』という縁起のいい名前の乗用車を見て、触れてみることができる。運が良ければ豪華なカタログももらえる。ただし、値段はいちばん安い1.8リットルエンジンの5MT仕様で19万3000元(約290万円)、1.8のターボAT仕様では24万元(約360万円)になる。とても庶民の手が届く商品ではない。

『宝来』は、ドイツから完成車として中国に届くのではなく、91年に設立された長春第一汽車の工場で生産される。広州本田の『雅閣』(アコード)の廉価モデルは26万元。エンジンの最高出力は同じ110馬力だが、ボディはアコードのほうがひとまわり大きい。

大金を用意できる家庭にとっては、ボーラとアコードを乗り比べながら優雅に迷うという贅沢が可能なのだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集