“中国頼み”に陰り…新車販売がトヨタなど前年割れ、アキュラは撤退[新聞ウォッチ]

2022年に生産累計100万台を達成した、中国の天津一汽トヨタ自動車
  • 2022年に生産累計100万台を達成した、中国の天津一汽トヨタ自動車
  • アキュラRDX(中国仕様)
  • トヨタ プリウス Z(HEV・2WD)
  • CES 2023

中国政府が、日本人と韓国人を対象にした新規のビザ(査証)発給業務を停止したという。日韓は中国からの入国者に対する水際対策を強化しており、その対抗措置とも思われる。

その中国では、日系メーカーの2022年の中国市場における新車販売台数が不振で、きょうの各紙にも「前年割れ」を報じている。このうち、トヨタ自動車は前年比0.2%減の194万600台で、前年実績を下回るのは、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の国有化をきっかけに日中関係が悪化した影響を受けた2012年以来10年ぶりのことだそうだ。

また、日系大手では、ホンダは12.1%減の137万3122台で、2年連続の前年割れ。日産も22.1%減の104万5197台で、4年連続のマイナスだった。相変わらず世界最大の自動車市場とはいえ、中国頼みの戦略の大きな転換を迫られそうだ。

そんな中で、ホンダは中国市場ではスーパーカブなどの電動二輪を発売する一方で、高級車ブランド「アキュラ」の生産と販売を中止したという。きょうの日経が報じているが、アキュラに充てていた経営資源を「電気自動車(EV)などに集中させる」とも伝えている。

2023年1月11日付

●中国新車販売日系前年割れ、昨年大手3社(読売・8面)

●中国、日本でビザ発給停止、コロナ水際対策に対抗か(毎日・1面)

●賃上げ「企業の責務」経団連春闘方針最終案(毎日・7面)

トヨタ、新型プリウス発売、275万円から(産経・11面)

●ホンダ、中国で電動カブ発売/高級車「アキュラ」中国から撤退(日経・17面)

●米見本市CES、自動運転、現実解探る、レベル4、効果見極め(日経・17面)

●トヨタ、今期生産混乱 なお、部品調達苦境続く、原材料高騰、利益下押し(日経・18面)

《福田俊之》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集