国内初、自動運転EVを用いた無人搬送サービス提供開始

様々な屋外の環境にて運用中の「eve auto」
  • 様々な屋外の環境にて運用中の「eve auto」
  • 様々な屋外の環境にて運用中の「eve auto」

eve autonomyは11月30日、ヤマハ発動機およびティアフォーと開発を進めてきた自動搬送サービス「eve auto」の提供を開始すると発表した。自動運転EVによる自動搬送の商用サービスは国内初の取り組みとなる。

労働人口減少やコロナ禍により、業務の自動化やカーボンニュートラルに向けた取り組みが加速する中、屋外搬送については「人」による搬送が続いている。屋外搬送は、従来のAGV(無人搬送車)では対応が難しいこと、トラック・乗用車・自転車など他の車両や歩行者が混在する走行環境であること、埋設した電磁誘導線などによる搬送ルートの固定化が難しいことが課題となっていた。

eve autonomyでは、これらの課題を技術的に解決するため、ヤマハ発動機が車体開発した自動搬送サービス向け小型EVにティアフォーの商用ソフトウェアプラットフォーム「Pilot.Auto」「Web.Auto」を適用して屋外環境に対応する自動搬送サービス「eve auto」を開発し、今回サービス提供することとなった。


《纐纈敏也@DAYS》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

編集部おすすめのニュース

特集