プレミアム ビジネスニュース記事一覧

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
【セミナー見逃し配信】CES2024レビュー EVとAIから自動車産業の未来を探る 画像
プレミアム

【セミナー見逃し配信】CES2024レビュー EVとAIから自動車産業の未来を探る

会員登録なしで、どなたでもご視聴いただけます。

ホンダの水素戦略やFCユニットの改良点を解説、ブースには今夏発売の『CR-V e:FCEV』…水素・燃料電池展 2024 画像
プレミアム

ホンダの水素戦略やFCユニットの改良点を解説、ブースには今夏発売の『CR-V e:FCEV』…水素・燃料電池展 2024

「H2 & FC EXPO 水素燃料電池展」にてホンダ技術研究所 先進パワーユニット・エネルギー研究所 チーフエンジニア 斗ヶ沢秀一氏が、同社の水素戦略と新型『CR-V e:FCEV』の燃料電池ユニットの詳細を解説するセミナーを行った。

【株価】トヨタが連日の上場来高値更新、日本企業初の時価総額60兆円台に到達 画像
プレミアム

【株価】トヨタが連日の上場来高値更新、日本企業初の時価総額60兆円台に到達

3月1日の日経平均株価は前日比744円63銭高の3万9910円82銭と大幅反発。米国株高を受け、ハイテク株を中心に買いが広がり、初の4万円大台に迫った。

EVフィスカーが大幅増収、赤字幅を縮小 2023年通期決算 画像
プレミアム

EVフィスカーが大幅増収、赤字幅を縮小 2023年通期決算

フィスカー(Fisker)は2月29日、2023年通期(1~12月)決算を発表した。大幅な増収となりながらも、赤字を計上している。

VWグループ、新型EVを2車種共同開発へ…中国XPENGと契約締結 画像
プレミアム

VWグループ、新型EVを2車種共同開発へ…中国XPENGと契約締結

フォルクスワーゲングループは2月29日、中国のEVメーカーの小鵬汽車「XPENG(シャオペン)」との間で、新型EV2車種共同を開発する契約を締結した、と発表した。

テスラ車以外で初、急速充電「スーパーチャージャー」利用可能に…フォードが北米で 画像
プレミアム

テスラ車以外で初、急速充電「スーパーチャージャー」利用可能に…フォードが北米で

フォードモーターは2月29日、アメリカとカナダにおいて、テスラ以外の自動車メーカーとして初めて、テスラの「スーパーチャージャー」が利用可能になった、と発表した。

ホンダの米電池合弁、2025年から量産開始へ…年産能力は40GWh 画像
プレミアム

ホンダの米電池合弁、2025年から量産開始へ…年産能力は40GWh

ホンダの米国部門は2月29日、LGエナジーソリューションとの合弁でオハイオ州ジェファーソンビルに建設中の新しいEVバッテリー工場の建設が最終段階に入った、と発表した。

BEV/SDVの世界に対応するボッシュの戦略…ボッシュ 後藤悠一郎氏[インタビュー] 画像
プレミアム

BEV/SDVの世界に対応するボッシュの戦略…ボッシュ 後藤悠一郎氏[インタビュー]

来たる3月19日、オンラインセミナー 【Season2】中西孝樹の自動車・モビリティ産業インサイトvol.8 「BEV/SDVの世界に対応するボッシュの動きとそのソリューション」が開催される。

テスラの注目トピックス:これからのEVのユニークセリングポイントは…Undertones Consulting 前田謙一郎 代表取締役社長[インタビュー] 画像
プレミアム

テスラの注目トピックス:これからのEVのユニークセリングポイントは…Undertones Consulting 前田謙一郎 代表取締役社長[インタビュー]

来たる3月13日、オンラインセミナー「テスラでの経験と最新動向、そして今後から紐解く2030年の自動車産業」が開催される。セミナーに登壇するのは、Undertones Consulting株式会社 代表取締役社長の前田謙一郎氏。テスラ、ポルシェなど外資系自動車メーカーで執行役員などを経験し、現在は自動車業界アドバイザリー&マーケティングコンサルタントとして活躍している。

LLM活用、車内のユーザー体験を次のレベルに…CEOが語るセレンスの生成AI事業戦略 画像
プレミアム

LLM活用、車内のユーザー体験を次のレベルに…CEOが語るセレンスの生成AI事業戦略

自動車業界向けAIアシスタント技術などを開発するセレンスは2月22日、同社が目指す新しい生成AIのロードマップについて事業戦略説明会を開催。同社の最高経営責任者兼取締役 ステファン・オルトマン氏が来日し、登壇した。

【調査レポート】※プレミアム会員限定  HMIの技術動向 画像
プレミアム

【調査レポート】※プレミアム会員限定 HMIの技術動向

自動運転の実現によりヒューマンエラーを排除できれば、多くの交通事故を削減できると考えられている。他方、自動運転技術の普及は計画通り進んでいるとはいえ、システムが運転をつかさどるレベル3~レベル4の普及には、課題が山積する状況である。いま、「複雑化された機能を操作する」「ドライバーが運転に集中する」相反する目的の両立を目指して、新たなHMIの検討が進んでいる。

ポールスター、次世代EV開発へ…9億5000万ドルの資金を調達 画像
プレミアム

ポールスター、次世代EV開発へ…9億5000万ドルの資金を調達

ポールスターは2月28日、9億5000万ドルの資金を確保したと発表した。これにより、次世代EVの開発に着手する。

ボッシュとマイクロソフト、生成AIで自動運転の精度向上へ 画像
プレミアム

ボッシュとマイクロソフト、生成AIで自動運転の精度向上へ

ボッシュは2月28日、マイクロソフトと協力して、自動運転の精度をさらに向上させるために、生成AIを活用すると発表した。

経営統合を延期…ダイムラーと三菱ふそう、トヨタ日野連合との協業の進捗を発表 画像
プレミアム

経営統合を延期…ダイムラーと三菱ふそう、トヨタ日野連合との協業の進捗を発表

ダイムラートラック、三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)、日野自動車、トヨタ自動車は2月29日、基本合意書に基づく協業の進捗を報告した。

EVなど50万台を納入へ、ステランティスが欧州での電動化を加速…リース会社と大型契約 画像
プレミアム

EVなど50万台を納入へ、ステランティスが欧州での電動化を加速…リース会社と大型契約

ステランティスは2月26日、今後3年間でEVを含めた50万台の車両をフランスの金融大手ソシエテジェネラルの自動車リース会社、エイバンスに納入する契約を締結した、と発表した。2024年前半に最初の大量納車が予定されており、年間を通じて続く予定だ。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 241