トヨタの新型ミニバン、ハイブリッドはクラス最高燃費…『イノーバ・ハイクロス』インド発表

トヨタ・イノーバ・ハイクロス
  • トヨタ・イノーバ・ハイクロス
  • トヨタ・イノーバ・ハイクロス
  • トヨタ・イノーバ・ハイクロス
  • トヨタ・イノーバ・ハイクロス
  • トヨタ・イノーバ・ハイクロス

トヨタ自動車のインド部門は11月25日、新型ミニバンの『イノーバ・ハイクロス』(Toyota Innova HyCross)を発表した。『イノーバ・クリスタ』の後継モデルになる。

『イノーバ』は、トヨタの新興国向けの世界戦略車の「IMV」(イノベーティブインターナショナル・マルチパーパス・ビークル)の中核を担うミニバンとして、2004年に発表された。インドや東南アジア市場などで販売されている。今回インドで発表されたのは、その3世代目モデル。インドでは新たに、「ハイクロス」の名前が付されている。

新型には、「TNGA」プラットフォームに、第5世代のトヨタハイブリッドシステムを搭載する。従来型はラダーフレーム構造だったが、新型ではモノコック構造の「GA-C」プラットフォームを採用した。

2.0リットルのTNGAエンジンを核とした第5世代のトヨタハイブリッドシステムは、システム全体で186psのパワーを引き出す。インドでの燃費はクラス最高の21.1km/リットルとしている。


《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集