オールシーズンタイヤが普及する可能性…住友ゴム工業に話を聞く

住友ゴム工業株式会社 DUNLOPのオールシーズンタイヤ「ALL SEASON MAXX」
  • 住友ゴム工業株式会社 DUNLOPのオールシーズンタイヤ「ALL SEASON MAXX」

路面凍結や積雪予報をきっかけに、冬タイヤ交換を意識する人は多いと思うが、地域によってはスタッドレスタイヤ装着の必要性をあまり感じていないユーザーもいることだろう。

実は日本では、積雪や凍結している道路をノーマルタイヤで走行すると“すべり止めの措置をとらない運転”として法令違反となる。都道府県道路交通法施行細則または道路交通規則として沖縄県を除く各地では「防滑措置の義務」があり、違反すると反則金(大型車7000円、普通車6000円、自動二輪車6000円、原付車5000円)の納付が必要となる。また2018年12月から大雪災害対策として、一定条件下の規制区間でタイヤチェーン装着の義務化もスタートした。

このような背景がある中で、1年を通して使用できる「オールシーズンタイヤ(全天候型タイヤ)」が数年前に登場し、複数のタイヤメーカーが市場導入して販売促進を行う動きがある。スタッドレスタイヤ装着が定着する日本で、オールシーズンタイヤが普及する可能性はあるのだろうか? 

ダンロップ」ブランドのオールシーズンタイヤ『ALL SEASON MAXX』シリーズを展開する住友ゴム工業タイヤ国内リプレイス営業本部販売企画部課長代理の武田聖也氏と販売企画部の田中覚氏に、同社の考えについて話を聞いた。

本文(カーケアプラス)へ https://carcareplus.jp/article/2022/11/25/6573.html

《金武あずみ@JCR》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集