ランボルギーニ『アヴェンタドール』、生産終了

ランボルギーニ・アヴェンタドール の最後の1台となった「LP780-4 ウルティメ・ロードスター」
  • ランボルギーニ・アヴェンタドール の最後の1台となった「LP780-4 ウルティメ・ロードスター」
  • ランボルギーニ・アヴェンタドール の最後の1台となった「LP780-4 ウルティメ・ロードスター」
  • ランボルギーニ・アヴェンタドール の最後の1台となった「LP780-4 ウルティメ・ロードスター」

ランボルギーニは9月26日、『アヴェンタドール』(Lamborghini Aventador)の生産を終了した、と発表した。

最後の1台として、イタリア本社工場からラインオフしたのは、『アヴェンタドール LP780-4ウルティメ・ロードスター』だった。「ウルティメ」とは、ラテン語で究極の、最後の、を意味する。

ランボルギーニは、アヴェンタドールの最終モデル向けに、ランボルギーニの市販車用としては、史上最強のV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを開発した。チタン製インテークバルブの採用や、VVT(可変バルブタイミング)やVIS(可変吸気システム)の最適化により、6.5リットルV12エンジンは最大出力が780hp/8500rpmに引き上げられた。最大トルクは73.4kgm/6750rpmだ。

トランスミッションは7速の「ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)」。0~100km/h加速2.9秒、最高速350km/hの性能を可能にしている。


《森脇稔》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集