ステップワゴンとN-VANのキャンパー:アソモビ2022展示のパーツ全部付けたらいくら?

ホンダアクセス全部入り(アソモビ2022)
  • ホンダアクセス全部入り(アソモビ2022)
  • オートサイドステップ
  • ホンダアクセス全部入り(アソモビ2022)
  • ホンダアクセス全部入り(アソモビ2022)
  • ホンダアクセス全部入り(アソモビ2022)
  • ホンダアクセス全部入り(アソモビ2022)
  • ホンダアクセス全部入り(アソモビ2022)
  • ホンダアクセス全部入り(アソモビ2022)

新幹線に食堂車があった時代、プロレスラーが遠征で利用すると食堂車のメニューを全部食べるというのが流行ったそうだ。一度は言ってみたい「高いものから順番にもってこい。」 車では「オプション全部入りで」だろうか。

アソモビ2022(8月6~7日、幕張メッセ)ではホンダアクセスが『ステップワゴン』と『N-VAN』について、アウトドアや車中泊キャンプに便利なグッズをほぼフル装備で展示している。アクセサリー部品リストは展示車両に掲示してあった。これと同じ設定にしたらいくらぐらいかかるのだろうか。

ステップワゴンのエクステリアから見ていこう。高価なものはオートサイドステップが約21万円。アルミホイールが4本で約11万円。ボディサイドモールやガーニッシュ類も装着されている。インテリアはアイテム数が多いが、単価は数千円から数万円のものが多い。アドバンスドルームミラー約7万円を除けば、フローリングタイプカーペット約4万3000円、LEDライトがついたサイドシルガーニッシュ約3万円。AV関係はナビオプションと後席モニターが増設されている。11.4インチナビが約30万円。15インチリアモニターが約15万円。ドラレコが3方向カメラのセットで約6万4000円だ。

装着アクセサリーの合計価格は149万8530円(消費税込み:以下同)。展示車の「ステップワゴン e:HEV AIR」(FF)353万1000円と合わせて502万9530円となる。

N-VANもみてみよう。車両は「N-VAN +STYLE FUN Honda SENSING/FF」(モデルチェンジ前のタイプ)。

エクステリアは、ホワイトコーディネート(グリルやドアミラーなどのカラーコーディネート)、ウッドデカールなど加飾の小物が多い。アウトドア系の大物はルーフキャリアの3万3000円が最高額アイテムだ。インテリアやユーティリティは、やはりアイテムラッシュだ。高額かつ車中泊で必須なのは、寝床をつくるマルチボードだ。ラゲッジ用が約6万8000円で後席用が約3万円。外部電源入力キット(100V/15A)が3万7000円ほど。前と後ろのルーフには小物入れとなるコンソールも装着されている。プライバシー保護、日よけの遮光カーテンやシールド(2万円~)も車中泊、オートキャンプでは重宝する。

展示車両の車両本体価格は169万5100円。装着アクセサリー総計は102万1900円。合計で271万7000円となる。

なお、展示車にはホンダアクセス純正アクセサリとは別に、ホワイトベースと共同開発したN-VAN専用のマットとアウトドアテーブルセット(スライド収納ボックス)もある。それぞれ、7万3440円、9万0720円だ。専用マットはN-VANの荷室に合わせたサイズでマルチボードにぴったり敷くことができる。スライド式の収納ボックスに収まるアウトドアテーブルセットも、荷室を無駄なく使い、移動時もじゃまにならないようになっている。



《中尾真二》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集