aikoやMISIAを聴いて進化を感じた…スズキ ジムニーシエラ 後編[カーオーディオ ニューカマー]

aikoやMISIAを聴いて進化を感じた…スズキ ジムニーシエラ 後編[カーオーディオ ニューカマー]
  • aikoやMISIAを聴いて進化を感じた…スズキ ジムニーシエラ 後編[カーオーディオ ニューカマー]
  • aikoやMISIAを聴いて進化を感じた…スズキ ジムニーシエラ 後編[カーオーディオ ニューカマー]
  • aikoやMISIAを聴いて進化を感じた…スズキ ジムニーシエラ 後編[カーオーディオ ニューカマー]
  • aikoやMISIAを聴いて進化を感じた…スズキ ジムニーシエラ 後編[カーオーディオ ニューカマー]
  • aikoやMISIAを聴いて進化を感じた…スズキ ジムニーシエラ 後編[カーオーディオ ニューカマー]
  • aikoやMISIAを聴いて進化を感じた…スズキ ジムニーシエラ 後編[カーオーディオ ニューカマー]
  • aikoやMISIAを聴いて進化を感じた…スズキ ジムニーシエラ 後編[カーオーディオ ニューカマー]

2ウェイスピーカーやパワードサブウーファーで手軽な音質アップを狙った上村さんのジムニー シエラ。しかし千葉県のサウンドエボリューション・ログオンで開催された試聴会で聴いた3ウェイの音に影響され、次なるシステムアップをスタートする。

◆試聴体験でその音質の惚れ込んで
フロント3ウェイへのシステムアップを実施

ジムニー シエラへ乗り換えたのをきっかけに、以前から興味のあったオーディオのグレードアップを本格的にスタートさせた上村さん。前編でお伝えした通り2ウェイスピーカー+パワードサブウーファーのシステムをフルキッカーでまとめ、その高音質ぶりを楽しんでいた。

「しばらくはその音に満足して毎日楽しんでいたんです。そんな時にログオンでメーカーのデモカーなどが集まる試聴会があって出かけてみたんです。そこでフロント3ウェイのクルマを聴く機会があったんですが、聴いてみると私のクルマの2ウェイとは全然違うんです。聴いた瞬間に“3ウェイってやっぱり良いね~”ってなりました」

高品質な2ウェイスピーカーで十分満足していたはずのオーナーだったが、3ウェイの音を聴いてしまうとその音が耳から離れなくなってしまう。

「すぐにログオンで相談したんですが、幸いなことにキッカーには7cmのミッドレンジであるKSC2704が用意されていることを紹介されました。そのため現在の2ウェイシステムにミッドレンジを追加する形で3ウェイ化できることを知って即実践することにしたんです」

追加したミッドレンジはAピラーにビルトイン取り付けする。さらにせっかくのお気に入りスピーカーのパフォーマンスをフルに発揮するために同時にDSPアンプの追加も実施することにした。

「外部のパワーアンプは一度体験してみたかったんですが、調整機能も備えているDSPアンプを選んでみました。ショップに偶然入荷してきたのがヘリックスのM-SIX DSPだったんです。ショップからのオススメでもあったので即決めました」

◆ボーカルの息づかいまでをリアルに表現
目の前で演奏するライブイメージを手に入れる

フロント3ウェイ化に加えてDSPアンプの追加と、システム的にもかなりレベルの高いものとなった上村さんのシエラ。サウンド面は思い描いていた以上の進化を体感することになる。

「完成して試聴してみたところ音のスムーズさが格段にアップしたのを感じました。低域から高域までの音のつながりがすごく良いんです。それとボリュームを上げても下品にならないというか、上質な音になっているところも好印象でした。望んでいた以上に好みの音に仕上がっていました」

特に女性ボーカルが大好きだという上村さん。大好きなaikoやMISIAなどのお気に入りの曲を順に聴いていくとその進化ぶりを更に強く感じることになった。

「ボーカルの声が遠くまで届いて、さらにきれいに響く感じが強くなっています。呼吸や息づかいのリアルさも格段にアップしました。女性ボーカルを聴く上でも、この変化はすごく心地良かったです」

さらにストリングスが使われている曲も大好きだという上村さん。楽器の音にもレベルアップが感じる。

「楽器の弦を弾く音もすごくリアルになりました。本物の音に限りなく近いので、目の前で演奏しているイメージが沸くんです。ライブ映像で音楽を聴くことも多いんですが、今回のシステムアップをしてからは映像がなくてもアーティストが目前で演奏しているイメージがはっきりと感じられるところが良いですね」

◆カスタム要素満載のジムニーだからこそ
内外装から足回りまでのカスタムを楽しみ中

3ウェイ化+DSPアンプの追加で予想以上の進化を果たした上村さんの愛車。毎日の通勤でそのサウンドを堪能している。

「通勤は30分程度なんですが、オーディオを組んでからはもっとクルマに乗りたくなりました。ロングドライブにもドンドン行きたいと思うようになったのもオーディオの影響です」

上村さんのオーディオの楽しみ方は結構過激だ。一人で乗るときにはかなりの大音量で音楽を楽しむことも多い。

「クルマに乗るとすぐに音楽再生をはじめて、結構な大音量で好きな曲を聴いています。ただ、通勤の場合は職場に近づくと気を使って音量は下げますけどね(笑)。また会社の同僚をクルマに乗せることもあるのですが、その時に同僚から“音が良いですね”と言われるとすごく気分が良いです。このクルマを作って良かったと思うシーンのひとつですね」

ジムニーはオーディオのみならず内外装から足回りまで“いじれるクルマ”なのも上村さんのお気に入り。パーツやカスタムの選択肢が広く独自色を出すカスタムを実施するにも有利だ。

「Webで紹介されているジムニーのカスタムを参考にすることが多いです。ログオンでは外装カスタムも含めていろいろ相談に乗ってもらっています。今回グリルに2本のバーを入れてもらったのもそのひとつ。このようにオーディオだけじゃなく内外装カスタムまでを含めてジムニーのカスタム全般を相談してオーダーできるのもログオンの良いところだと感じています」

オーディオの進化はひと段落ついた上村さんのジムニー。今後は内外装のカスタムにも力を入れて、ログオンとの二人三脚でますますオリジナリティ溢れるジムニー作りを目指していく予定だ。

土田康弘|ライター
デジタル音声に関わるエンジニアを経験した後に出版社の編集者に転職。バイク雑誌や4WD雑誌の編集部で勤務。独立後はカーオーディオ、クルマ、腕時計、モノ系、インテリア、アウトドア関連などのライティングを手がけ、カーオーディオ雑誌の編集長も請負。現在もカーオーディオをはじめとしたライティング中心に活動中。


《土田康弘》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集